1日過ぎてしまいましたが、11月11日は1が並ぶことでいろんな日に設定されています。

・介護の日
・電池の日
・配線器具の日
・ジュエリーデー(宝石の日)
・麺の日
・ピーナッツの日
・チーズの日
・サッカーの日
・くつしたの日
・公共建築の日
・恋人たちの日
・おりがみの日
・西陣の日
・下駄の日
・鏡の日
・鮭の日
・ポッキー&プリッツの日
・もやしの日
・煙突の日
・チンアナゴの日
・箸の日
・きりたんぽの日
・磁気の日,磁石の日
・長野県きのこの日
・コピーライターの日
・立ち呑みの日
・豚まんの日
・おそろいの日

まぁ1の並びで連想されるものはすべてこの日になったような感があります。
ところでこの記念日の一つ「介護の日」ですが厚生労働省のサイトによれば、

・介護についての理解と認識を深める
・介護サービス利用者とその家族、介護従事者等の支援
・介護をに関わる人を取り巻く地域社会での支え合い、交流の促進
これらを総合的に国民に対して啓発していこうという日なのだそうです。

■介護の日の名前や日付の由来は?
「いい日、いい日、毎日、あったか介護ありがとう」を念頭に定められたもので、「いい日、いい日」にかけて11月11日というわけです。

■どんなことをやっているの?
各県各地で介護の日に関するイベントが行われています。その多くは介護用品や福祉機器の展示・体験会、介護相談などです。
介護に関するクイズ、介護食の展示、介護予防体操、介護の現場で働くスタッフに向けての感謝を表すイベントなど
いろいろ実施されたようです。

cap0108

こんなイベントなどで、介護に対して理解され、感謝を受けることで「いい日、いい日」なることはとっても「いい」ですね!