リフォームをされた方のアイデア、工夫などをこのコラムで紹介します。
今回紹介するのは、投稿者自ら「全体的に昭和なお風呂」と言われるお風呂のリフォームです。

お風呂場に通じるドアは、アルミ製の温かみの無い無機質なドア。
床のタイルはひび割れが生じて、天井はカビとシミが生じて「廃墟」のようと表現されています。
追い炊きは、ガスのレバーをグイーとオン、オフするタイプで、確かに昭和チック。
さてこんなお風呂がどのように変身するでしょう。